松坂季実子(まつざか きみこ) 「巨乳」

元AV女優

目次

プロフィール

ふりがな   松坂 季実子(まつざか きみこ・Matuzaka Kimiko) 
生年月日 1969年2月10日 – 、1969年10月21日 –
出身地 兵庫県神戸市出身
身長 160cm
スリーサイズ  バスト:110.7cm(H); ウエスト:60cm ヒップ:90cm 
ブラのサイズ H75
出演期間  1989年 – 1990年
SNS

略歴

大妻女子大学短期大学部在学中スカウトされ、1989年にAV監督・村西とおる率いるダイヤモンド映像よりデビュー。当時のAV女優としては並外れたホルスタイン並の巨乳が大きな反響を呼んだ。
バストサイズは「110.7センチ」としていたが、これは「イイオンナ」の語呂合わせで、ダイヤモンド映像のプロデューサーだったこともある本橋信宏の著書によれば、実際は90センチ台だったという。
また、ウエストの数字についても「若干の誤差がある」とのことである。AVは就職前に1本のみ出演の予定だったが、周囲に出演がばれてしまったことも手伝い、そのままAV業界に身を投じた。

なお芸名は、当時のいい女の代表格と評された女優、松坂慶子の「松坂」と池上季実子の「季実子」を組み合わせたもの。

ダイヤモンド映像では毎月1日を「巨乳の日」と名づけて出演作をリリース。いずれも数千本〜1万本前後を売り上げる大ヒットとなり、同社が1990年前後に一時代を築くきっかけとなった。人気が頂点にあった1990年には、AP通信がその人気を伝える記事を世界に配信したこともある。松坂の登場によりAV業界全体に「巨乳ブーム」が巻き起こり、「巨乳もの」はAVの一ジャンルとして広く認知されるようになった。

参照元:Wikipedia

松坂 季実子(まつざか きみこ) の ぱい画像

【出演作品】 写真集

コメント